月別アーカイブ: 2014年9月

新 英語の構文150で、口に出して、書いて覚えた英語構文

大学受験用としても、TOEIC対策用としても英語構文を覚えるために使える「新 英語の構文150」が良いと実感したEさんです。

受験(試験)英語であれ、実践的英会話であれ、語学の要は聴いて、口に出して覚えることに尽きます。そのなかでも効率的かつ効果が高いのは、重要な構文を数多く暗唱することです。

もともと英語は好きな教科で、英検を受験したり、英会話教室に通ったり、ホームステイや学校主催の海外研修などにも積極的に参加してきましたが、その「好き」を支えているのが、会話や理解の土台となる構文のレパートリーの豊富さだったと思います。

私がとくに力を入れて勉強したのが、『新 英語の構文150』(高梨健吉著 美誠社)という参考書でした。これはとてもすぐれた内容で、文法的に重要な表現から慣用句および実践的な会話までを網羅した150の構文が(それぞれ2~3個の例文を挙げて)リストアップされています。

この目次のページは、見開きで左ページが英文、右ページが和文というレイアウトになっているので、コピーしてお風呂に持って入り、ひたすら口に出して暗唱に努めました。

暗唱ができたあとは、紙に書き出してみます。そこで正しいスペリングができているかどうか、詰めていくのです。

この本で覚えた構文が骨格として身に付けば、応用の幅は格段に広がります。もともとは大学受験用に高校生の活用を念頭において執筆された参考書のようですが、この構文の暗唱はTOEIC等の試験対策としてもぜひおすすめしたいです。